Photo : Kastuhiro AOKI ©R­STORE 2015

「夢見るように眠りたい」ーー林海象監督の名作タイトルは、「睡眠にいたる道筋はこうあってほしい」という思いを表現したものとしても秀逸です。ただ目を閉じて肉体的な休息をとるだけではいささか機械的ですが、起きている状態から睡眠にむかうまでのあいだをスムーズにつなぐブリッジがあれば、そこにはきっと素敵な時間が生まれるはずです。

 
そんな架け橋を「本」を介して形にしたのが、明日(11月5日)、池袋にオープンするホステル「BOOK AND BED TOKYO」です。コンセプトは「泊まれる本屋」。本棚の中にベッドが埋め込まれ、文字通り本の中で眠ることができます。

http://media.style.co.jp/wp-content/uploads/2015/11/bb-b2.jpg

内装デザインは谷尻誠・吉田愛が率いる「SUPPOSE DESIGN OFFICE」、ブックセレクトは「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」、グラフィックは「Soda design」が担当(Photo : Kastuhiro AOKI ©R­STORE 2015)

 
本やマンガ好きの方なら誰しも「本屋さんに泊まれたらなあ・・・」と思ったことが一度はあるはずでしょう。好きな本を読みながら、いつの間にか寝てしまう、いわゆる「寝落ち」。これほど気持ちのいい眠りの経験はそんなにはありません。本が介在することでうまれる、現実と夢の間。「BOOK AND BED TOKYO」は、そんな至福の時間を提供してくれる空間です。
 
気持ちのいい眠りには、五感すべてが必要であることを、このホステルはよく知っています。柔らかな室内照明、密やかに流れる音楽、そしてどうしても読みたくなってしまう本の数々。大きな窓からは朝日や夕焼けも望めます。夜だけでなく、朝でも昼でも、本とともに気分よく過ごせるはずです。
 
料金は3,500円〜5,500円とリーズナブル。旅行者ならずとも一度は訪れたい、2020年を感じさせる「新しい東京」です。
 
 

☆ ☆ ☆

 
 

http://media.style.co.jp/wp-content/uploads/2015/11/bb-m1.jpg

(Photo : Kastuhiro AOKI ©R­STORE 2015)

 
 

■ BOOK AND BED TOKYO
所在地 :東京都豊島区西池袋1-17-7 ルミエールビル7階
宿泊価格:STANDARD ¥4,500-(税抜)/1泊〜 *土日祝前日などは変動あり
     COMPACT ¥3,500-(税抜)/1泊〜 *土日祝前日などは変動あり
     チェックイン 16:00 チェックアウト 11:00
デイタイム価格:¥1,500-(税抜)/13:00~19:00 *個室、シャワーは利用不可
*本の販売は行っていません
公式サイト http://bookandbedtokyo.com
 

文:和坂康雄