南青山のヴィンテージマンションの一室。このすべてが「HEIGHTS」です(Photo:Hiroyuki Nakano)

いま、自分の好きなものを買う方法はいくつもあります。デパート、セレクトショップ、路面店、そしてオンライン。あるいはホテルや旅先で購入する場合も増えてきました。
 
でも、自宅や自分の部屋で商品の包みを開けて手にした時に、「何か違う・・・」と思ったことはありませんか? なぜなら、風景はもちろんのこと、匂いや温度が違うと、対象への気持ちはずいぶんと変わるものだからです。
 
もし外出先での買い物が自分自身の空間と近しければ、買うことにともなう利便性や高揚感を超えて、製品たちは人生の一部になるような大きな満足を与えてくれるはずです。
 
そして、五感全体で理解できるスペースやコミュニケーションがあれば、きっとお気に入りのものはライフスタイルへとつながっていくでしょう。南青山のヴィンテージ・マンションの上階層にできた「HEIGHTS」は、そんな思いをかなえてくれる稀有な空間です。

https://media.style.co.jp//wp-content/uploads/2015/11/heights-b2.jpg

山藤陽子(「YORK.」代表)と平武朗(「desertic」デザイナー)が出会い生まれた「HEIGHTS」。それぞれのフィールドが交わり超えていくなかで、新鮮な“環境”となりました。写真は「desertic」を収めたクローゼット(Photo:Hiroyuki Nakano)

 
「HEIGHTS」の扉を開けると、誰かの自宅かと見まごうようなマンションの一室があらわれます。しかしこの平穏さゆえに訪れる者は落ち着いた気分を取り戻し、周囲の環境ーー緑に囲まれながらも首都高や六本木の高層ビルを望めるーーは毎日の暮らしとの継続を思い起こさせるのです。
 
「取り扱い製品は・・・」という言い方は「HEIGHTS」にはふさわしくありません。あえて言うならば「五感に気持ちのいい」アイテムということになります。オーガニックコットンの柔らかさ、気持ちを浄化させるオーガニック・スキンケア、ポップでユーモアのあるワードローブ・・・。大切なひとへの思いを香りで表現した「HER & HIM」は、「HEIGHTS」の考え方を伝えるオリジナルのフレグランスです。
 
訪れる者と対話し、そして対話から生まれてきたものを形にすることも「HEIGHTS」の特徴と言えるでしょう。足りないものが見つかれば、「HEIGHTS」のオリジナルブランドとして、開発を行っていきます。生活は与えられるものではなく生み出すものであり、生活は五感の結晶であることを、この南青山のちいさな一室は伝えようとしているのかもしれません。

 
 

☆ ☆ ☆

 
 

https://media.style.co.jp//wp-content/uploads/2015/11/heights-m4.jpg

入浴剤「Liquid SALT」とフレグランスの「HER & HIM」は「「HEIGHTS」のオリジナルブランドです。サロンの機能として、ディレクターの山藤陽子によるパーソナルケアカウンセリングも行っています(Photo:Hiroyuki Nakano)

 
 

■ HEIGHTS
11月24日(火)オープン
所在地:東京都南青山7-1-12 南青山高樹町ハイツ 602
電 話:03.6427.2401
時 間:火・水・木・金・土 14:00~21:00
*アポイントのみの予約制

heights-heights.com
 

文:和坂康雄