©DAZZLE all rights reserved ©Yoshiyuki Okuyama               

ダンスというパフォーマンスアート。専門家の特権領域だと思ってはいないでしょうか? 「身体表現」といった言葉のもつかたい印象が、もしかすると興味を抱く人の門戸を狭めているのかもしれません。しかし、そんなダンスパフォーマンスを広く、さらに可能性を高める形で私たちに提示してくれるダンスカンパニーもあります。それが「DAZZLE」です。
 
「DAZZLE」は1996年に結成。ストリートダンスとコンテンポラリーダンスを融合させた独自のスタイルで、ジャンルの垣根を超えて注目を集めてきました。舞台作品では、映画、コミック、ゲームなどのジャパニーズカルチャーの要素を積極的に取り込み、かつてなかった新しい表現世界へと拡張することに成功しています。

https://media.style.co.jp//wp-content/uploads/2016/01/dazzle-m2.png

    ©DAZZLE all rights reserved ©Yoshiyuki Okuyama

 
代表作「花ト囮」はダンス公演でありながら、演劇祭「グリーンフェスタ」グランプリ・若手演出家コンクール優秀賞を受賞したことでも、彼らの“越境する”ユニークさの一端が理解できるでしょう。昨年には、歌舞伎俳優・坂東玉三郎さんが演出した舞台「バラーレ」で主演を務め、話題になりました。
 
「DAZZLE」の最新の“越境”のひとつが、写真・映像作家である奥山由之さんとのコラボレーションです。奥山さんは、アンリアレイジなどファッション・ブランドのコレクション撮影やファッション誌でのシューティングで注目される若手の写真家で、その鋭利なセンスは映像作品でもあますところなく伝わってきます。
 
この二者のコラボレーション作品、タイトルは「Where is the light?」。光と影をテーマに、強烈な光を浴びながら踊るダンサーが少しずつ影に浸食されていくさまを描き出し、光の粒子が飛び交う、実在感がありながらファンタジックな映像に仕上がっています。
 
「DAZZLE」を観ることは、鑑賞というより没入に近い意識を抱かせます。いつのまにか、観る者は、彼らの世界のなかの一員となり、時間が経つのを忘れてしまいます。「DAZZLE」を一言で言い表すことは難しい。でも世界を魅了する何かを秘めていることだけは間違いありません。

 
 

☆ ☆ ☆

 
 

 
■関連情報

DAZZLE 公式HP www.dazzle-net.jp

■新作公演
「CHIMERA(キメラ)」
横浜ダンスコレクション、スペシャルプログラムで上演

日時:2016年2月14日(日)14:00 / 18:00
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール
チケット:一般前売 3000円 学生前売 2000円、当日一般&学生ともに500円UP
問い合わせ:横浜赤レンガ倉庫1号館
電話:045-211-1515(10時~18時)/ ydc@yaf.or.jp
http://www.yokohama-dance-collection-r.jp/jp/special.html

「DAZZLE20周年記念第10回公演」
日時:2016年10月14日(金)〜23日(日)
会場:あうるすぽっと(東京・池袋)
チケット:金額未定

 
文:和坂康雄